公益財団法人 佐賀県消防協会 > 会長あいさつ テスト

会長挨拶


 陣内団長写真s公益財団法人 佐賀県消防協会 会長 陣内 成和

 

平成28年度 消防団長会議時の挨拶

 

 5月26日、開催されました公益財団法人佐賀県消防協会理事会において会長に推挙されました陣内でございます。

 もとより浅学菲才の身ではありますが、佐賀県消防の発展のために努力いたしますのでよろしくお願いします。

 「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律」が施行公布され「消防団員の処遇改善」「装備の充実強化」に関して政令、基準が改正され現在、多方面に渡っての整備が図られつつあります。

 ところで、最近の消防団を取り巻く状況は、団員数の減少やサラリーマン消防団員の増加に伴い、特に昼間火災での出動体制の確保が、困難になりつつあるなど各市町においても厳しい環境が続いております。

この状況を少しでも緩和しようと各公共団体では、所属の職員に対して消防団の入団を呼び掛け、県をはじめ各市町においても積極的に取組まれ成果を上げられていることに対し敬意と感謝の誠を捧げたいと思います。

また県協会では昨年10月29日30日の両日、総務省消防庁、日本消防協会、佐賀県、県内全市町の絶大なる御協力を頂き第21回全国女性消防団員活性化佐賀大会を開催いたしました。これは女性消防団員の重要性、活動の場の広がりをお互いに認識し、人口減少社会における地域防災力確保対策の一環として実施いたしました。全国から三千名を超す消防団員が集まり、盛大なイべントとなりました。皆様方の御協力に感謝申し上げます。

さて、佐賀県もまもなく雨季の時期を迎えます。最近の災害は大規模化し、一極に集中する傾向にあります。

 消防団の皆様方はこのことを踏まえて、資機材や機械器具の点検等よろしくお願いいたします。

 我々、消防人は、いかなる災害が発生しても迅速に対応すべく、常に組織を点検し、自己管理の徹底をお願いいたします。

 最後に、本日の会議が実り多いものとなりますよう御協力をお願いしますとともに、皆様の御健勝と災害の少ない年となることを祈念しまして御挨拶とします。