会長挨拶


 陣内団長写真s公益財団法人 佐賀県消防協会 会長 陣内 成和

 

平成29年度 消防団長会議時の挨拶

 

 本日は、お忙しい中に、平成二十九年度消防団長会議に御出席いただき、誠にありがとうございます。
 先程、開催されました公益財団法人佐賀県消防協会理事会において退団されました山下団長さんの後任として副会長に伊万里市消防団長 久保団長さんが就任されました。
 さて、昨年は熊本・鳥取の地震を初め、年末には糸魚川で大規模な火災が発生し思いがけない自然災害があいついでおります。 
 また、我が国が未だかって経験したことがない東日本大規模災害が発生してから六年が経過し、われわれ消防の世界でもいろいろな変化がありました。 
 この大震災では消防団員にも多くの犠牲者が出ました。
 全国の消防団では、この大震災を契機に消防団活動全般についての見直しの動きも出ています。
この見直しの動きは大災害等に際して、消防団員の命をまもりながら如何に消防団活 動を実践していくかという問題で新しい法律の制定により、消防団の活動方針などが明確になり地域防災の要として位置づけられ地域防災力の強化は最重要の課題になっています。
 さて、佐賀県もまもなく雨季の時期を迎えます。最近の災害は大規模化し、一極に集中する傾向にあります。
 皆様方はこのことを踏まえて、資機材や機械器具の点検等よろしくお願いいたします。
 我々、消防人は、いかなる災害が発生しても迅速に対応すべく、常に組織を点検し、自己管理の徹底をお願いいたします。
 最後に、本日の会議が実り多いものとなりますよう御協力をお願いしますとともに、皆様の御健勝と災害の少ない年となることを祈念しまして御挨拶とします。